振袖のレンタルの費用面やサイズ等のメリットとデメリット

借りて利用する主なメリットについて

振袖をレンタルするメリットは、複数あります。まず第一に、必要となる費用が安くて済むことがあげられます。実際に買い入れるより相対的に安くなります。着用する頻度が多くならなければ、安い費用で着こなすことができます。また、メンテナンス並びに保管場所を必要としません。着用した後は返すだけですから、クリーニングといったメンテナンスが必要なく、保管する場所についても不要なため簡単に着ることができます。さらに、最新の商品を選ぶことができます。レンタルでしたら一回ごと最先端の商品を選択することができ、数多くのデザイン性をテストしてみることもできます。

借りる場合に生じる主なデメリット

振袖レンタルのデメリットとして平均的なサイズ以外では選択肢の幅が広くないことがあげられます。借りる場合原則として150センチから170センチのサイズが多いことから、平均的なサイズで無い限り選択肢が少なくなってしまうことも想定されます。また、着用するチャンスが多いと買い入れるより割高になるという懸念もあります。たしかに、買い入れるより安く済む場合が多いですが、着る回数が非常に多くなれば、その結果買い入れるより高くなってしまうこともありますので、気を付ける必要があります。

迷う場合は着用する回数などで判断しましょう

振袖を買い入れるか借り入れるかで悩んだ場合には、身につける回数を考慮してみましょう。成人式のみなど着用するチャンスがそれほどないならば、借りて使用することがお勧めできます。着用するチャンスが多い人もしくは自分の所有物として残しておきたいと考える人については、買い付けるほうが賢明といえます。因みに、成人式の時は半数以上が借入れています。実際に買い入れる人はトータルの20パーセント以下しか無く、それから後は親や親戚のものを借り入れるなどしています。買い入れて着回したり、娘へと受け継いだりするしきたりは減ってきているため、借りて使用する方法が一層中心になってくるでしょう。それから、一生涯にわたって一回の成人式に着用する場合は、悔いが残らないように選び出したいものです。購入若しくは借りるか迷ったときは、着用する回数を考えて一層よいほうを選ぶと良いでしょう。その一方で着用した後のメンテナンス、あるいは保管などもあることから、シンプルでリーズナブルに着たいなら借りることがおすすめです。

記事を共有する