着付けまで意識して振袖のレンタルをしよう

フォトスタジオで借りるという一法

フルセットの着物にしても、最終的には着付けができなければ成人式などに参列できません。未婚女性であれば、ブライダルや卒業式など、シーンを選ばずに着用できるのが鮮やかな色柄がある振袖です。だからこそ、着付師が在籍している専門店を活用しましょう。もちろん、予約制である専門店ばかりでしょうが、駆け込みレンタルも可能であれば、色んなトラブルにも対応してくれる可能性大です。特におすすめなのは、フォトスタジオです。最近では成人式の写真撮影のみならず、そのままの衣装で外出することも可能にしているフォトスタジオも増えています。新作・旧作、人気モデルが手がけた振袖やブランド振袖など、種類も豊富に揃っていますし、サイズ展開もかなりあるようです。古典柄とレトロの組み合わせであったり、古典柄とモードなどが一例です。もちろん、着付師やメイキャップアーティストも在籍しているので、セレクトした着物に似合わせたトータルコーディネートで式典に参列できます。

着崩れしないための歩き方や座り方

レンタルフルセットの内容も気になるもので、着物のみならず、草履やバッグ、ショールなどの和装小物も提供してくれます。式典で少しでも目立ちたいのならば、帯留め、髪留めなどでアクセントを付けるのがポイントです。沢山の種類に迷うならば、顔映りまでチェックできるため、どんどん試着してみましょう。また、着付けをしてもらったものの、長時間着ていると着崩れする可能性もあるはずです。崩れないためには、背筋を伸ばし、歩幅を狭くして歩きましょう。椅子に座るにも浅めに腰かければ、裾から足首が見える心配もなく、膝を揃えてかかとを斜め後ろに下げた座り方ならば品もよく、着崩れることは少ないようです。加えて、気になるのはクリーニングに出す必要性でしょう。大抵は、式典後、お店にそのまま返却する流れですし、畳まずとも問題ありません。

パーツまで揃えられるお店選びがポイント

また、決めるにしても、特典が満載であるチャンスを意識してみましょう。髪飾りをプレゼントしてくれたり、オプション価格になりやすい長襦袢や足袋をプレゼントしてくれるケースもあるようです。レンタルのみならず、お母さんやお姉さんの着物を着たいのなら、着付けのみのサービスも可能であるのか、コチラもチェックしましょう。中には、帯や帯締め、草履などのパーツだけが揃っていないトラブルも聞かれますから、パーツレンタルも行われているお店がおすすめです。本人のみならず、親子や友達同士で下見や相談ができるのなら、気になる事柄を聞けるチャンスで、安心にもなります。料金もフルセットで5万円台からならばお得ですが、品揃えがどれくらいなのか、リサーチしてから利用してみましょう。

記事を共有する