相場を確認してから振袖をレンタルすること

着物を着る機会が増えてくる季節

年末年始になってくると着物を着る機会が増えます。特に元旦に神社にお参りするなら着物がいいという人も沢山います。新年会も着物で行けばその場の雰囲気が盛り上がります。一月になると成人式があります。成人式は殆どの女の子が振袖を着ます。さらに結婚式での御呼ばれや結納式でも振袖を着ます。ちなみに着物は高額な上に保存状況がよくないと傷んでしまいます。なので、最近ではレンタルを利用する人が増えています。レンタルなら3万くらいから利用できるからです。しかも、使用後そのまま返却すればいいので保存についても気にしなくてすみます。

用途によっても金額が違う可能性がある

レンタルの相場は非常に幅広いと言われています。これから利用する人にとってどこを選べばいいのか迷ってしまいます。しっかり、相場について確認しておけばお店選びもスムーズにできます。振袖は独身女性なら誰でも着ることができます。成人式だけでなく知人や親せきの結婚式の御呼ばれでも着ていくことができます。用途によって金額が違う場合もあります。例えば、成人式の場合は一生一度の晴れ舞台ということもあり、最低料金は10万円、平均で25万円前後と言われています。結婚式は花嫁が着る場合と招待されて着る場合の二つに分かれています。前者の場合は一生一度の晴れ舞台なので、およそ30万程度です。後者の場合は大体、3万程度で利用できます。ちなみに用途で相場に大きな開きがあるのには理由があります。それは前者の場合はブランドや品質にこだわっているからです。後者の場合なら花嫁よりも華美な装いはマナー違反になります。なので、色合わせなどを招待した相手に打ち合わせておいてもいいでしょう。

利用する際の注意点を幾つか挙げてみる

利用する際も状況によって変化があります。例えば、結婚式で花嫁が着る場合ならどの式場で着用するとか予算に応じなくてはいけません。デザインによっては式場の雰囲気にそぐわない場合もあるからです。特に結婚式は一生の晴れ舞台なので後悔だけはしたくありません。振袖の品質も場所によって合わせた方がいいでしょう。気を付けるのは着る場所によってレンタル料に変化があるということです。成人式なとの記念する日でなくても何度も着る場合なら格安な値段の業者を選ぶのも一つの手段です。なので、まずは何のために着るのかをはっきりさせてから予算を考えておくことも大切です。

記事を共有する